スピードラーニングの勉強法

聞き流しでネイティブの英語力が身につくというスピードラー二ング。CMでもおなじみです。本当に聞くだけで、英語力が身につくのでしょうか?スピードラーニングの学習法について、詳しく調べてみました。

スピードラーニングは本当に聞くだけ?

この英会話教材の勉強方法は、やはり好きな時間に音楽を聴くように「聞き流すだけ」のようです。
人が言葉を習得する際の自然なプロセスは、「聞く→話す→読む→書く」の順。しかし、学校でのスタンダードな英語教育では、通常、単語の暗記や文法、和訳から始めます。英会話を習得する目的のスピードラーニングは、言語習得の自然なプロセスに沿って「聞く」ことからスタートします。
英語のリズムに慣れ、英語特有の音を聞き取れるようになるところから始めるのが、無理のない効率的な学習法だからです。

まずは、「音」に慣れるために、スピードラーニングを1日5分間程度聞き流すことから始めます。慣れてきたら5分間の聞き流しを1日に何度も繰り返します。次第に「もっと聞きたい」という気持ちになってきますので、そうなったら、気が済むまで好きなだけ聞きましょう。大切なのは、スピードラーニングを聞くことを習慣づけること。聞く習慣を早く身につければ、それだけ英語も早く話せるようになるそうです。
スピードラーニングは、1センテンス4秒程度の対話形式でストーリーが進んでいきます。英語の後に日本語が収録されているので、辞書やテキストなしでも問題なく英語のストーリーを理解できます。「解説ガイド」がついていますが、スピードラーニングは音から英語を習得する教材ですので、基本的には確認用の補助教材と考えておきましょう。

学習期間はどのくらい必要なの?

スピードラーニングは、全部で48巻のCDから構成されています(デジタル版も同様)。1ヶ月に1枚のCDが送られてくる(デジタル版は1ヶ月に1巻ダウンロードする)システムになっていますので、一通りの学習を終えるには、48ヶ月、つまり4年間かかるということ。
以前は、もう少し短期間で習得したい人向けに、毎月3巻送られてくる「16ヵ月間で英語が3倍楽しめる!パワーアップコース」と毎月4巻送られてくる「12ヵ月で英語が4倍楽しめる!スーパーパワーアップコース」用意されていましたが、今は無いようです(2020年6月現在)。