学校で習う英語だけでは不十分?

日本では中学校から英語の授業がスタート。
高校や大学は義務教育ではありませんが、中学・高校・大学へ進学するとなると、英語は10年間勉強することになります。しかし、10年間も英語を学びながら、英会話ができる人はほとんどいないというのが現実なのではないでしょうか。
ということは…学校で習う英語だけでは不十分?と、考える方も多いようです。
それでは、学校で習う英語とはどんなものなのでしょうか?次にまとめましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

学校で習う英語って?

日本の学校では、読み書きなどの文法を中心とした「英語力」を養う教育が行われています。ちなみに読み書きをするための「英語力」に対し、英語で会話をしたり、コミュニケーションをしたりするための能力を「英会話力」と言います。

学校により、リスニングの授業を設けているところもありますが、ほとんどの学校での英語教育は、聞いたり、話したりすることに重点は置かれていません。
本来、言葉は聞いて覚えるのがもっとも自然な形ですが、日本の学校で教えられる英語は読み書きが中心になってしまっているのです。
つまり、学校教育では「英会話力」を身につけることは、難しいということ。

しかし、10年間の学校での英語教育を通して、英単語や、英文法についての知識を身につけているということは、「英会話力」を養う上でも大きなアドバンテージになることは間違いありません。
文法的な間違いを気にしすぎてしまうのはよくありませんが、やはり単語は多く知っているほど、豊かな表現力ができるのですから。

聞き流し系のリスニング教材の実力

聞く・話すための「英会話力」を身につけるための勉強法としては、通信講座、英会話スクール、英会話のリスニング教材などがあります。なかでも聞き流し系のリスニング教材は、とても有効なんです。
何故なら、英会話力を高めるためには、とにかく「聞く」ことがとても大切だからです。そして、「聞く」ことができるようになれば、自然と「話す」ことができるようになります。

リスニング教材は、時間と場所を選ばずに学習することが可能ですから、学習しやすく続けやすいというメリットもあります。
「継続は力なり」ということは、「英会話力」を身につける際にも当てはまることです。リスニング教材を上手に活用して「英会話力」を身につけ、あなたの人生の可能性を広げてみましょう!