リスニングパワーのレッスン方法

英語耳とネイティブに通じる発音を同時に身に付けられるというリスニングパワー。効率的に学習して、英会話を習得できるなんて、なんてステキな教材なんでしょうか!早速、この教材でのレッスン方法を調べてみました。

30日間、リスニングパワーを聞くだけってホント?

学習方法を簡単に言ってしまうと、30日間、リスニングパワーを聞き流すだけです。この教材を聞くことで、普段、日本語の音に慣れている日本人の耳を、2週間で集中的に鍛え、英語耳にしてくれるそうです。
それが可能なのは、プログラムの内容のページでも紹介した「日本人が英語を聞き取れるようになる周波数」が教材に使われているからです。それによって、英語の周波数を耳から脳に送ることができ、今まで聞き取ることができなかった周波数の英語の音も聞き取ることができるようになります。

ただ、バックグラウンドで「キーン」とか「ピー」といった様々な周波数の音が聞こえるため、最初は多少の違和感を感じるようです。その音が、「日本語にはない英語の音が聞き取れるようになるのに必要な英語の周波数」なのだとか。

左の耳から先生であるスコット氏が発音する英語の音が脳に響くように感じ、今度は右の耳からアメリカ人女性が発音する英語の音が交互に入ってくる、といった感じで聞こえてくるようです。そして、しばらく聞き続けていうるうちに、今まで聞き取れなかった英語が聞き取れるようになったと、実感できるとのこと。ある意味、英語を学ぶというよりも、脳の活動範囲を広げる訓練ということなのかもしれません。

また、リスニングパワーは、さまざまな英語特有の発音に焦点を当て、英語に存在し日本語には存在しない10の母音と、速く話すときに生まれるさまざまな発音を重視しています。そのため、すでに英会話力はあるけれど、発音に自信がない人が、発音を矯正するのにも向いているみたいですね。